明日香の新たな魅力発信拠点

2017年冬、奈良県明日香村に1軒の燻製工房がオープンします。

秋には紅葉色づく岡寺に向かう参道沿いに位置し、辺りはゆったりとした時間が流れています。醤油屋さんやお寿司屋さんなどが、通りに店を構えています。

あすか燻製工房の仕掛け人は、奈良市東向北町にある大人気ハンバーガー店『SAKURA BURGER』のオーナーの山戸旬人さん。山戸さんは1年半ほど前から明日香村で新たな事業と活動をするための物件を探し続けていましたが、縁あってこの物件にたどり着きました。

今回は、あすか燻製工房のオープンに伴い、スタッフを募集します。
まずは、山戸さんにあすか燻製工房設立に向けた想いからお聞きしました。

山戸さんの実家はお隣の橿原市南八木で、明日香村はすぐ近く。明日香村は、昔よく遊んでいた場所だったとか。今もご両親が近くに住んでいるため安心できる場所でありながら、歴史や自然が残っている明日香に魅かれて、明日香村で事業をしたいと思うようになったといいます。

今回の拠点に『あすか燻製工房』という名前を付けられた山戸さんは、「絶対に失敗できない名前ですね(笑)」といいます。名前に『あすか(飛鳥・明日香)』の文字を入れることへの重みを感じながらも、「この土地で事業を成功させよう」という強い意思を感じます。

「奥明日香には男綱・女綱という縄が掛かっているところがあって、古くから五穀豊穣、子孫繁栄を祈って正月に縄の掛け替えを行う神事が続いています。こういう行事が脈々と続いているのっていいですよね。歴史の上に住まわせてもらっているという意識になります。そして、そういったことを古くから守っている方がいるということに感謝しつつ、自分たちも一緒にやっていきたいと思っています。」

「自分たちも一緒にやっていきたい」という山戸さんは、これまでも地域とのつながりをとても大切にしています。SAKURA BURGERのある東向北町の雰囲気や、きたまちエリアの雰囲気が好きで、その魅力を発信するために『奈良きたまちweek実行委員会』を立ち上げられました。きたまちweekは、『来るもの拒まず、無理をせず』をモットーにゆるやかなつながりを形成し、今では100店舗を超える店舗が加盟するプラットフォームとなり、奈良町や大和郡山市の団体とも連携をとるようになりました。「明日香村においても、積極的に地域に関わっていくことで、明日香村の魅力を発信していきたい」と考えています。

明日香村役場としても期待

実は今回の物件は、明日香村役場が所有者から借り受けた物件を改修し、それを山戸さんに貸す形態となっています。そのため、明日香村役場としても今回の事業に期待を寄せています。

「地域での雇用を増やすこと」「地域住民との関わりを増やすこと」に特に期待していると話すのは、明日香村役場総合政策課の関本さん。

「明日香村では、景観や用途などに関する様々な制約がありましたが、今回は条例を変更し用途の緩和を行うことにより、幅広い事業を行うことが可能になりました。今回の事業によって村の中で雇用が増えて、地域の活性化につながることを期待しています。」今回の事業を一つの事例として、今後さらに広げていきたいと関本さんは話します。

さて、あすか燻製工房は、蔵・母屋・門屋の大きく3つの建物に分かれています。

蔵は燻製工房として、母屋・門屋は事務所やシミュレーションスペース、起業・移住相談窓口として利用します。今回募集するスタッフは、工房全般に関わるお仕事になるため、幅広い業務をお願いすることになります。

主な業務内容は下記の6つ

・手作りベーコンやウインナー等の開発・製造・販売
・手作り体験インストラクター
・レンタルスペース(シミュレーションスペース)の運営管理
・地域活動への参加・運営
・移住相談窓口
・商品の運搬(SAKURA BURGER、契約販売所等 1~2日に1回程度)

収益としては、ベーコンやウインナーの製造がメインになりますが、地域住民や観光客の方とのつながりを作るための体験工房や魅力発信活動も重要です。

 「ここは飛鳥寺、橘寺、石舞台古墳、岡寺のちょうど真ん中なんです。周辺には素敵なカフェもあるし、観るところには困りません。燻製を作っている間はどうしても待ってもらわないといけないので、その間に明日香をいろいろ散策してもらえるとよいと思います。将来的には、体験工房とツアーを組み合わせて、明日香の良さを感じてもらいたいと考えています。」

また、明日香に移住したい・事業をしたいと思う方とのつながりを作るための相談窓口やシミュレーションスペースの運営管理も重要な業務となります。SAKURA BURGERの2階に『ホ・スセリ』というシミュレーションスペースがあり、これから開業を考えている方が利用しています。山戸さんは、明日香にも第二の『ホ・スセリ』を作り、これからチャレンジしようと思う方を応援したいと考えています。「あすか燻製工房のシミュレーションスペースは和室3部屋と門屋が使えるので、スペース的にはかなり広いと思います。物販や展示など、いろいろ使ってもらいたいですね。」

地域の行事にも積極的に

今回、どのような方に来てもらいたいか、山戸さんに聞いてみました。

「ものづくりが好きな方がいいですね。必ずしも食に関わっていなくてもよいのですが、何かを作ることが好きな方。ウインナーやベーコンを作るにあたって、基本はあるのですが、自分なりの味付けができるのが面白いところ。例えば明日香のハーブを使ったウインナーを作り、明日香村の物産として販売していくことも可能だと思います。もちろん基本の作り方は教えますので、自分なりの味付けや販売方法を考えてもらえる方だと嬉しいです。」

「地域の行事などにも積極的に参加してもらいたいと思っています。そして明日香の魅力を発見し、それを丁寧に発信する。また、想いを同じくする方々と連携を取り、魅力発信を広げていければと考えています。」

「あとは相談相手になってもらえる人がよいですね。私も経営や地域のことについて相談したいですし、起業や移住の相談も受けると思います。いろんな方から相談を受けてもらえる懐の広い方だと嬉しいです。」

『燻製工房のスタッフ』と聞くと、機械に向かって黙々とウインナーを作るようなイメージがあるかもしれません。もちろんそういった仕事もありますが、いろんな方とコミュニケーションを取りながら仕事をすることも多くあります。はじめはパート・アルバイトからのスタートですが、ゆくゆくは責任者として経営的視点から考えてもらうことを期待しているポジションです。これから地域で何かをしたい・起業したいと考えている方にも良いシミュレーションになるのではないでしょうか。

奈良移住計画で移住相談を受けるときに、「地域に関わる仕事がしたい」と言われることが多々あります。そういう方にぜひエントリーしていただきたい求人です。地域とつながり、そしてその地域の魅力を発信する。これまでの経験にとらわれず、これからチャレンジしたい方のご応募をお待ちしております。

※主たる事業所はあすか燻製工房(明日香村岡)になりますが、あすか燻製工房が始動するまではSAKURA BURGER(奈良市東向北町)での勤務が多くなりますので、予めご了承ください。

(文/中島 章  写真/桝岡 智之 ※一部、明日香村提供の写真含む)

あすか燻製工房 求人募集要項

企業名・団体名あすか燻製工房
募集職種食肉加工販売
手作り体験インストラクター
レンタルスペースの管理運営
地域活動への参加、運営
商品の運搬
ハンバーガー専門店のキッチン・ホール(SAKURA BURGER)
雇用形態パート・アルバイト(試用期間3ヶ月)
実績経験をふまえて社員登用あり
仕事内容あすか燻製工房:食肉加工販売(ウインナー、ハム、ベーコン等燻製商品の開発・製造・販売、ハンバーガーパテの製造)
手作り体験インストラクター(手作りウインナー教室での指導)
レンタルスペースの管理運営
地域活動への参加、運営
商品の運搬(SAKURA BURGER、契約販売所等)
SAKURA BURGER:ハンバーガー専門店のキッチン・ホール
給与パート・アルバイト:時給800円(試用期間790円)~
社員:15万円~35万円(経験・スキル・前給等を考慮し、面談の上決定します)
勤務地あすか燻製工房 奈良県明日香村大字岡1170番地
(飛鳥寺、橘寺、岡寺、石舞台の真ん中辺りに位置する明日香の中心地。近鉄飛鳥駅から約2km)
※上記他、SAKURA BURGERで勤務することもあります。奈良県奈良市東向北町6
(近鉄奈良駅1番出口から徒歩30秒、東向北商店街内)
勤務時間あすか燻製工房 9:00~20:00 の間でシフト制(社員はフレックス制8時間)
SAKURA BURGER 9:00~11:00,11:00~16:00,17:00~21:00 シフト制(社員はフレックス制8時間)
休日・休暇定休日:水曜日 シフト制
社員は水曜日 木曜日 予定
夏季休暇あり(盆明け)
応募資格未経験可、経験者優遇(生肉からの加工になります)
普通車免許要
選考基準履歴書等書類 面談による
求める人物像仕事の範囲は非常に広いです。
・ものづくりの好きな方
・人や地域と関わるのが好きな方
・バイタリティのある方
採用予定人数若干名
選考プロセスまずは下記よりご応募・お問合せください
 ↓
書類選考
 ↓
面接
 ↓
採用(試用期間3ヶ月あり)

・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他商品の運搬、人手の補充等で奈良市と明日香村、販売所等の行き来が必要になります。月々交通費(ガソリン代相当)を支給します。
あすか燻製工房が始動するまではさくらバーガーでの製造販売を行います。

このページの先頭へ